バス憧れの大地へ

日本100名城

100名城データ

興国寺城

こうこくじじょう

興国寺城

続日本100名城 No.145

場所
静岡県沼津市根古屋(地図
築城時期
戦国時代(15世紀後期)
築城主
不明
主な城主
北条氏、武田氏、松平氏、中村氏、天野氏
分類
平山城
遺構
石垣、土塁、空堀、曲輪、天守台
概要
愛鷹山の尾根に築かれた、11ヘクタールに及ぶ連郭式の平山城。伊勢新九郎盛時(北条早雲)が、今川家の家督争いでの功で富士郡下方12郷を与えられて興国寺城を拠点としたとされ、「北条早雲旗揚げの城」と呼ばれる。その後沼津は戦国大名の今川氏、武田氏、北条氏による争奪戦が繰り広げられ、城主は頻繁に交代した。1601年、天野康景が城主となり興国寺藩が興るが、康景の出奔で改易となり、1607年、廃城となる。
大空堀が有名。天守台と思われる遺構があるが、天守の様相については不明。
1995年、国の史跡に指定。発掘調査・復元工事が進んでいる。
公共交通機関による
アクセス
JR沼津駅から富士急シティバス根方線で東根古屋下車。
JR原駅から徒歩40分。
100名城スタンプ
興国寺城スタンプ
穂見神社境内(興国寺城跡本丸内説明板横)(地図
沼津市文化財センター(平日のみ)(地図
浮島地区センター(月曜、祝日、年末年始休み)(地図
探訪記の該当部分
山中城、興国寺城、駿府城、諏訪原城
アルファポリス

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
100色で描いた世界地図