バス憧れの大地へ

日本100名城

100名城データ

竹田城

たけだじょう

竹田城

日本100名城 No.56

場所
兵庫県朝来市和田山町竹田古城山(地図
築城時期
室町時代中期(1443年)
築城主
山名宗全
主な城主
太田垣氏、羽柴秀長、桑山重晴、赤松広秀
分類
梯郭式山城
遺構
石垣、堀、井戸など
概要
1443年、後に応仁の乱の西軍総大将となる但馬守護・山名宗全(持豊)によって、古城山(標高357m)山頂に築かれた山城。配下の大田垣氏が城主となるが、その後1580年に羽柴秀吉によって落とされて羽柴秀長などが城主となり、赤松広秀が城主の時に整備された。しかし関ヶ原の戦いで広秀が西軍について敗戦の将となり死亡し、その後廃城となるが、石垣等の遺構はそのまま現在まで残っている。
1943年、国の史跡に指定される。
円山川を挟んで向かい側の立雲峡が屈指のビューポイント。特に雲海に浮かぶ竹田城の眺望が有名。
公共交通機関による
アクセス
JR播但線竹田駅から竹田城跡周遊バスで竹田城跡下車、徒歩15分。
100名城スタンプ
竹田城スタンプ
JR竹田駅(地図
山城の郷(地図
観覧料収受棟(地図
情報館 天空の城(地図
探訪記の該当部分
関西100名城巡り―竹田城(1)関西100名城巡り―竹田城(2)、出石城・有子山城
アルファポリス

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
チベット史