バス憧れの大地へ

日本100名城

100名城データ

二本松城

にほんまつじょう

二本松城

日本100名城 No.11

場所
福島県二本松市郭内(地図
築城時期
室町時代中期
築城主
二本松満泰
主な城主
二本松氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏、加藤氏、丹羽氏
分類
梯郭式平山城
遺構
天守台、石垣、堀切
概要
室町中期に畠山氏7代当主・二本松満泰が「白旗が峰」に築城した山城が始まり。伊達政宗が畠山氏を滅ぼしてこれを領したが、豊臣秀吉の奥州仕置で没収され、蒲生氏郷、上杉景勝などを経て江戸時代、丹羽光重が領主となり、大改修を行って山上の本丸の石垣や3重の天守を築き、山の麓にも城門(箕輪門)や城下町を整備する。明治の戊辰戦争では新政府軍に攻められ、少年兵による「二本松少年隊」も動員された苦戦で1日で落城。建物の多くが焼失した。1872年、廃城令によって残る建物も全て破却される。
現在は「霞ヶ城公園」として整備され、2007年、国の史跡に指定される。建物は麓の入り口の二階櫓・箕輪門・多門櫓が復元されたのみだが、山の上の本丸、天守台(天守が築かれた記録はない)や本丸直下に残る石垣が見事。しかし本丸の石垣は東日本大震災で損傷し、現在も修復作業が続いている。
霞ヶ城、白旗城の別名あり。
公共交通機関による
アクセス
JR二本松駅から箕輪門まで徒歩20分、駅内の二本松市観光案内所のレンタル電動アシスト自転車で10分
100名城スタンプ
二本松城スタンプ
にほんまつ城報館(地図
JR二本松駅内観光案内所(地図
探訪記の該当部分
福島100名城(3)―会津若松城、二本松城

コメント(0)

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索
お勧めメディア(Amazon)
だから僕らは旅に出る