バス憧れの大地へ

世界への旅(旅行記)

香港の旗香港

香港地図

概要
1842年、アヘン戦争後の南京条約で香港島を、1860年、第2次アヘン戦争後の北京条約で九龍半島南端がイギリスに割譲され、1898年には深圳河以南の九龍半島がイギリスの租借地とされる。アヘン戦争後はアヘン貿易、苦力貿易などで財閥が勃興し、都市建設が進められた。 第2次大戦時に一時日本の支配下に置かれたが、戦後再びイギリスの統治下に戻る。
ビジネス都市として発展を遂げて今日に至り、1997年、中国に返還されるが、一国二制度の政策下、現在でも中国ビザと香港ビザが別であるなど、半ば外国の如き状況である。
人口約680万人、面積1830平方km。通貨は香港ドル。日本との時差は-1時間。
コンセントの形状は主にBF BF
ビザ(日本人の場合)
日本人であれば90日以内の滞在ならビザ不要。
日本からのアクセス
札幌、東京、名古屋、大阪、福岡から直行便あり。特に東京からは1日10便以上と便数が多い。
リンク
当旅行記の該当部分

※リンク先ページの[前][次]はエリア別ではなく「時期順」モードのものです。

香港―大陸中国南部

香港(1991年3月15日)

香港(2000年)

香港着~海外の実感なし
重慶大厦(チョンキンマンション)~客引きには要注意
旧九龍駅時計塔一帯、九龍城~「魔窟」の面影なし
ビクトリア・ピーク-初日~いまいましい霧
夜のネイザン・ロード~眠らない街
尖沙咀、香港島北側~スターフェリー、ビクトリア・パーク等
香港島南側~リパルスベイと香港仔
再度ビクトリア・ピーク~せいぜい1万香港ドルの夜景
香港最終日~雨上がりのプロムナードと飲茶

香港、深圳、マカオ

香港着~3度目の“魔都”訪問
香港の街~再び見る風景
ビクトリア・ピーク~3度目の正直 100万ドルの夜景
香港・廟街(2004年1月29日)
マカオ-3(2004年1月31日)

香港(2007年)

香港-1~香港仔、リパルスベイ等リピート
香港-2~銅鑼湾、廟街、ビクトリア・ピーク等リピート
香港-3~下町とトラムからの眺め

アジア周遊第1部 香港、大陸中国東中部

香港~最初のボーダー越え

ギリシャ、カタール、香港

香港-1(2011年5月7日)
香港-2(2011年5月7日)
香港-3(2011年5月8日)

香港(2014年)

羽田―香港~リニューアルした羽田を出発
旺角~九龍から見下ろす香港
廟街、旺角~煲仔飯と九龍からの夜景
朝のネイザン・ロード~天后廟と“新生”重慶大厦
朝のビクトリア湾~いつものスター・フェリーで中環へ
香港島~上環とリパルス・ベイ
夜の九龍~シンフォニー・オブ・ライツと女人街
赤柱(スタンレー) ~海辺のモダンな町並みとマーケット
中環―灣仔~トラムと会議展覧中心
九龍周遊~オープントップバス
ビクトリア・ピーク~曇った日曜日の夜景

2011年9月(ラダック(2011年)より関連部分)

香港着
香港の朝
香港巡り~銅鑼湾、スタンレー、香港仔、スターフェリー
香港発――大騒動の末
Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>