バス憧れの大地へ

個人旅行のツボ

全般 >

お金の持ち運び方


お金

旅をする時に絶対必要なものは?
パスポート、鞄、それに、何と言ってもお金です。
では、お金はどんな形で持ち運べばいいのか――貴重品であるだけに、気を遣うところです。
そのあたりについて、ここで考えてみましょう。

1.幾ら持って行く?

旅に必要な金額は、旅のスタイル・期間・行き先などによって大幅に異なってきます。ケース・バイ・ケースで考えましょう。旅のスタイルによる予算をシミュレートしているガイドブックもあるので、それを参考にするのもいいかもしれません。
なお、日本を出国する際に税関申告なしで持ち出せる現金は100万円以内。渡航先で持ち込める現金額は国によって異なりますので、事前に調べましょう。

2.何に入れて行く?

貴重品は貴重品なりの保管が必要です。腹巻ポシェット、首提げポーチなどを使って、肌身離さぬ形で持ち歩きましょう。
但し、一箇所にまとめて保管するのは禁物です。それが無くなってしまえば全てが終わりになってしまいますから
リスクは分散しましょう。ポーチやポシェットを2つ以上にする、鞄の一番奥にしまって鞄の口に鍵をかける(スリ対策にはなる。但し置き引き、ひったくりに注意)など、保管場所はいくらでも考えられます。

3.米ドル? 日本円?

今や海外でも大抵の場所で日本円を現地通貨に換えることはできますが、それでも日本円が換金できないケースもあり得ます。
また、お金には為替相場というものがあります。特に長期間旅行をする場合は、ある時は円高になったり、ある時はドル高になったりと目まぐるしく変化することもあり得ます。
米ドルと日本円を交えて持っていくのがベストでしょう。日本円が換金できない場合は米ドルを使い、どちらでもOKな場合でも、為替相場をチェックして有利な方を使いましょう(そんな面倒なことしない!という方は日本円中心で念のため米ドルも少しだけ持っていく程度でいいかと思います)。
また、カンボジア、ベトナム、ラオスなどでは現地通貨と米ドルが併用されています。これらの国では国外に出るとその通貨が換金できないケースもあるので、必ず米ドルを持って行って、手元にある現地通貨は必要最小限に抑えるよう努めましょう。

4.出発前の両替は必要?

向こうの空港に到着すればまず両替所はあるでしょうから必要ないとは思いますが、心配なら出発前に少しだけ換金しておきましょう。ただ、日本の空港で出発前に換金するのは、レートが非常に悪いので避けたいところです。

5.どんな形で持って行く?

現金
1週間程度の短期旅行なら、現金だけでも十分でしょう。

国際クレジットカード
長期旅行に行きたいけれど大金を持ち歩くのは抵抗がある、という方にとっては重宝するでしょう。特に近年はヨーロッパなどでキャッシュレス化が進んでいるので、持つことが可能なら一枚は持っていたいです。
店での支払いは勿論、オンラインショッピング、交通機関等のオンライン予約などに使用でき、ATMでのキャッシングも、レート等の関係で国際キャッシュカードと比べてむしろお得だったりもします。
なお、海外で強いのはVISAとMaster。JCBは私が行ったことのある国の中では中国圏やエジプトで比較的使えましたが、その他の地域ではほとんどと言っていいほど使えませんでした。

国際デビットカード
支払いと同時に自身の銀行口座から引き落とされるデビットカード。筆者は使ったことが無いですが、クレジットカードを作れない方などはこちらが便利でしょう。
日本で普及しているのはVISAとJCBのデビットカードで、それぞれ取り扱いのマーク(VISAなら「Plus」マークでもOK)がある店やATMで使うことができます。但し、クレジットカードの項目で書いたように、JCBは日本以外ではそこまで強くないので、海外での使用を考えている人は、ほぼVISA一択となるでしょう。

コメント(0) -

コメントする

<新着記事>

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索