バス憧れの大地へ

富士山

須走ルート登山(2016年7月)

縁あって集まりにちょくちょく顔を出していた、「梅里雪山(カワカブ)を中心に、ヒマラヤ・ チベットの聖地と自然に関する情報を発信して、ともに学ぶ」ことを目的とした集い「カワカブ会」が、この年7月末からのザンスカール旅行参加者の高地順応を兼ねた富士登山を行うとの知らせが入った。
かねて富士山を、時には山麓から、時には遠くから、被写体として追いかけていた私だったが、いつかは自らの足であの頂に登ってみたいと思い続けていた。しかし私は登山の経験値が高くなく、最初は誰かに着いていかないと無理。そんな折に舞い込んできたこのイベントの知らせは、まさに千載一遇の機会。平日の開催だったが、有給休暇をとっての参加を決意し、正式な募集がかかったところで即、申し込んだ。

参加者は全員で12人。年配の方が多く、皆さん富士山を含め登山経験が豊富で、私はその中でも登山経験も人生経験も少なく、しかも富士山初挑戦。ひたすら皆さんに着いて行く富士登山となった。

出発

※青線は1日目のルート、赤線は2日目のルート

Google

WWWを検索a-daichi.comを検索

<新着記事>